関東地震の予測をチェック【確率を事前に調べられる】

注目を集める情報サービス

避難計画に活用できる

グラフ

日本の歴史は地震と津波の繰り返しであり、現代社会においても大きな被害を出すどの脅威となっています。家屋やビルといった建築物は、世界トップクラスの耐震技術で守られていますが、火災や地割れなど予期せぬ事態も考慮しなければなりません。近頃は関東地震の発生確率が高まっているといわれ、まだまだ木造の残る日本は課題が山積みとなっています。危険だとしてもすべてを一気に解決するのは実質不可能であるため、存在感を急速に高めているのが地震予測サービスです。関東地震を想定した訓練は現在も続けられていますが、人口が多い地域ほど、人と交通の混乱は避けられないでしょう。しかし、地震予測の精度は研究と経験によって年々向上し、情報提供サービスの運用が開始されるまでに至っています。関東地震に対する予測サービスの活用方法は、事前に情報をキャッチし、安全な避難に役立てるということです。例えば海側のエリアに住んでいる場合、関東地震の発生前に津波の届かないエリアへ避難できます。予測サービスのポイントは、地震発生後の到達予測ではなく、数日前や数週間前のように、発生日を含めた震源地の情報です。このほか、予測サービスの多くは情報を一般公開していますが、最新ニュースや詳細データなどの会員向けメールも配信しています。例えば、身内で情報交換や連絡手段の確認を行い、いざというときに安全な場所で待ち合わせることも可能です。商業施設やオフィスにおいては、スタッフや利用客の避難路と計画が準備できます。

日頃から意識しておこう

防災グッズ

関東地震の予測は専門家や研究者、大学などによって行われています。昔に比べると、今はかなり精密さや確実さが増してきていると言えます。しかし、それでも確実な関東地震の予測は難しく、日頃から意識して対策を練っておくしかありません。また、関東地震の予測は民間でも行われています。幸いにもインターネットで様々な情報を得られる時代なので、一般人も日頃から情報を収集することは可能です。これまで大きな地震を経験したことがある人ほど、その恐怖を身にしみて実感しています。体験で怖さを知った人は、少しでも恐怖を回避できるように、いろいろと情報を収集しておきましょう。現在では、地震情報が届くように、携帯電話にアプリを入れたり、サイトをブックマークしておいたりという人は多いものです。これなら出先でもすぐに情報を確認できて便利です。使える情報はどんどん活用してみましょう。また、関東地震は発生するとパニックになることが予測できます。帰宅困難者も出てくるため、そのルートをあらかじめ考えておいた方がいいかもしれません。もちろん、非常時に必要な食糧なども、職場に用意しておきましょう。それから、家族との連絡もスムーズにできるように、避難場所を共通意識として認識しておくことも大切です。このように、日頃から意識的に準備をしておくだけでも安心できます。そして何よりも関東地震の予測情報を参考にして行動することが大切です。信頼できる情報を収集しましょう。

確度が高い発生予想は

地震

国内の災害被害において、最も深刻な影響があるのが地震です。特に近年では、国内全域において強震をともなう震災被害が増加傾向にあり、国も国家予算を割いて防災対策に力を入れています。現在、最も発生が危惧される地震として、南海トラフを震源とする東南海地震や関東地震が指摘されています。東南海地震は、中部から九州にかけての広範囲の沿岸地域で、大規模な震災被害が出ることが予測されており、研究者も警戒している地震です。東南海地震では海底を震源とする性質である為、高い津波が発生する事も予測されており、揺れと津波の両方に警戒が必要となります。もうひとつの警戒すべき地震である関東地震は、相模トラフを震源とする地震で、首都を含む広範囲で強震が予測される地震です。この関東地震は、400年前後と短い周期で巨大地震が起こっている事が文献などで判明しており、最も発生が危惧される地震でもあります。関東地震では強震が襲う地域が首都圏全域に及ぶ為、政治経済が首都に一極集中している国内事情を考えれば、防災対策は喫緊の課題です。このような事情から地震研究者は、関東地震の発生を事前予測する為の研究を行っていて、成果が期待されています。関東地震に関する昔の文献や資料などは比較的多く見つかっており、それらの情報を参考にして発生の兆候などが掴めれば、計り知れない減災効果が期待できます。しかし、現状ではまだ発生の事前予測は困難な為、国と国民が防災意識を高く持って日々の生活を送ることが大切でしょう。

注目を集める情報サービス

グラフ

関東地震の確率が上昇しているといわれる中、実際に運用が開始された予測サービスの存在感が高まっています。ポイントは発生後の到達予測ではなく、数日前や数週間前といった震源エリア情報です。避難準備の期間が得られ、いざというときの計画にも役立ちます。一般家庭だけでなくオフィスや商業施設でも活用可能です。

もっと読む

災害に備えるために

男女

事前に地震情報を知りたいと考えている方は、地震予測サービスを利用しましょう。関東地震などに備えることができるので、安心して暮らせます。また食料や衣類、家族の集合場所の選定など様々な備えをすることも大切です。

もっと読む

備える参考になります

メンズ

関東地震は近い将来、かなりの確率で発生するとされています。このため、多くの地震研究家が発生しそうな時期を予測して発信しています。これらはあくまでも参考程度ですが、防災意識を高めたり、減災をするために役立つものです。

もっと読む