関東地震の予測をチェック【確率を事前に調べられる】

知識を蓄えておく

地震への備えを知る

防災グッズ

関東地震が発生する確率は、長期予測という形で発表されています。これは規模の大きな地震が発生する確率を活断層ごとに将来30年、50年、100年以内のそれぞれについて発表しています。より具体的にいつどこでどの程度の大きさの地震が発生するかについては短期予測と呼ばれていますが、現在の技術では短期予測を正確に求めることは不可能です。そうなると我々は関東地震について漠然とした情報しか得られていないというのが実態ではあります。しかし、その漠然とした中にあっても地震が発生し得るという可能性についての情報は重要です。発生する可能性があるのであれば、それに備えておくことは命と財産を守る上で極めて重要な事であるからです。自身の発生確率が高いとされる予測が出ている関東地震の場合、その該当地域に当たる所では、建築物の耐震化が進んでいて、今では地震の揺れによる直接被害はかつてよりも格段に減っていると考えられています。ただ、関東地震の場合には、地震の揺れとは別に津波被害と地面の液状化現象による被害が心配されています。特に東京都においては埋立地が広がっている23区の沿岸部分は、その多くが液状化の被害を受けると予測されており、生活に必要なインフラが寸断される危険性が指摘されています。このような危険性を把握すれば、関東地震に備えてそれぞれの地域ごとに備えるべき内容がわかってくるでしょう。津波の危険のある地域は高台の避難所を把握しておくこと、インフラが寸断される可能性のある地域は、食料・水の備蓄をしておく事などが挙げられます。

過去のデータから学ぶ

防災グッズ

これまで、地震の予測は不可能と言われてきました。しかし、過去に起こった大きな地震では、その前後数十年の傾向を見ることで、およその時期予測が可能となりました。しかし、正確な時期については、諸説あり決定打はありません。現在話題となっている関東地震についても同じことが言えます。これから起こる関東地震は、明日かも知れないし、30年後となるかも知れません。関東地震予測の話題が忘れ去られると、人々の関心も震災から離れていきます。その油断した状態が一番危険なのです。震災は忘れた頃にやって来るという諺の通り、備えのない人々を容赦なく襲います。関東地震の予測を防災に役立てようというのであれば、今の平穏な時期が最大のチャンスなのです。政府や自治体は、震災に強い町づくりを目指していますが、そればかりに頼ってはいられません。私たち住民一人一人が震災と向き合い、いざという時の対処を講じていく、この姿勢が防災の力ともなります。将来起こりうる震災に備えて防災グッズを準備しておくことも大切です。防災グッズでは、主に食料や水、衣服といった様々なものが必要となります。用意する量も家族の人数に応じて準備しなければなりません。特に家族が多い家庭などは、十分な食料や水を確保しておくようにしましょう。また、防災用の食料などはある程度の期間保存することが可能となっています。しかし、いくら保存が可能といっても、保存日数にも限りがあるため1年に1度は消費期限が切れていないかチェックするようにしましょう。

もしも地震が起きたら

女の人

東日本大震災が起きてから、日本各地でも地震や噴火など立て続けに起きています。テレビでも、関東圏で過去に起きた首都圏直下型地震について取り上げられています。その多くで、関東地震がいつ起きてもおかしくない予測が出ています。また、マグニチュード7を超える地震が30年以内に70パーセントの確率で起こるという予測もあります。もしも、その関東地震が起きたときは、その被害は甚大になると予測されています。内閣府の予測によると、建物の全半壊および火災による消失は85万棟、負傷者数は21万人、死者数は約1万1000人にもなると言われています。もしも関東地震が起きたら、私たちはどのように対処すればよいのでしょうか。一番大切なのは、地震が起きる前の備えが大切です。身を守るためには、まず今の生活環境の見直しをする必要があります。例えば、家具を固定し倒壊防止したり、防災袋の中身を見直したりなどが考えられます。特に、地震が起きたときは水道や電気が止まり、私たちのライフラインは絶たれてしまいます。それらが復旧するまでに、最低でも3日はかかります。そのことも考えて、量や必要なものを考える必要があります。そして、もしも関東地震が起こったらと、そのときのことを想定し考えておくことが大切です。木造住宅の密集地が付近にないか、避難所までの経路に危険な箇所はないかなど一般的なことや関東という地域特有のものもあります。それらを考え、想定しておくことが、いざ地震が起きたときに心の余裕を生むのです。

注目を集める情報サービス

グラフ

関東地震の確率が上昇しているといわれる中、実際に運用が開始された予測サービスの存在感が高まっています。ポイントは発生後の到達予測ではなく、数日前や数週間前といった震源エリア情報です。避難準備の期間が得られ、いざというときの計画にも役立ちます。一般家庭だけでなくオフィスや商業施設でも活用可能です。

もっと読む

災害に備えるために

男女

事前に地震情報を知りたいと考えている方は、地震予測サービスを利用しましょう。関東地震などに備えることができるので、安心して暮らせます。また食料や衣類、家族の集合場所の選定など様々な備えをすることも大切です。

もっと読む

備える参考になります

メンズ

関東地震は近い将来、かなりの確率で発生するとされています。このため、多くの地震研究家が発生しそうな時期を予測して発信しています。これらはあくまでも参考程度ですが、防災意識を高めたり、減災をするために役立つものです。

もっと読む